エストロゲンを含む一般的な避妊薬

現在ではさまざまな避妊の方法があり、たとえばコンドームを使って物理的に妊娠を防ぐ方法、基礎体温を利用して妊娠しにくい期間に性行為をする方法などは代表的ですが、そのほかにも経口避妊薬、いわゆるピルを服用するという方法があります。
経口避妊薬は、かつては女性の月経困難症などといった、ホルモンの変動からくるつらい症状を改善するための処方薬として用いられていたもので、それほどなじみのあるものではありませんでした。しかし、1999年以降は避妊目的の経口避妊薬が一般に開放されたため、計画的に避妊をしたいと希望する女性たちの間で普及するようになりました。
この経口避妊薬には、エストロゲンとよばれる女性ホルモンに類似した合成物質が含まれています。エストロゲンは自然に女性の体内で分泌されるホルモンですが、妊娠のメカニズムに大きくかかわるものであるため、これを人工的につくりだして避妊の目的に役立てようというものです。
ただし、実際に経口避妊薬を服用すると、エストロゲン同様の合成物質によって副作用を生じることがしばしばあります。より具体的には、吐き気、嘔吐、頭痛、下腹部痛などといったものが挙げられますが、人によってはかなり耐えがたいものになる場合があります。
そこで、現在一般に流通している経口避妊薬では、錠剤中に含まれるエストロゲン類似物質の量をできるだけ少なくして、副作用を抑制するようにした、低用量ピルとよばれるタイプがもっぱらとなっています。緊急避妊、あるいは月経困難症の改善といった目的であれば、いまだにエストロゲンの量が多い中用量ピルが使われることがないわけでもありませんが、これは例外的な場合となっています。