ケースに入れて使用する避妊薬の初診料はどれくらい?

避妊薬であるピルは、大きく分けて2種類に分けられます。
28日シートのものと、21分の錠剤が入ったシートのタイプのものです。
ピルは、生理期間を除いた21日間毎日飲むことで避妊効果を得ることができる薬です。
しかし、飲み忘れてしまうと思ったように避妊効果が得られなくなってしまうので、正しく服用することが大切になってきます。
28日分の錠剤が入っているものは、飲み忘れを防ぐようにできているのでピルを始めて服用する人におすすめです。
28錠のうち、21日分は普通のピルですが、生理期間の7日分にはピルの薬効効果の含まれていない錠剤なのでそのまま服用していても普通に生理が始まり、また次のシートを飲み始めれば避妊効果を持続することができます。
一方、21分の錠剤でできているシートは、21日分服用したら、生理期間分の7日間は錠剤を飲まず、8日目に次のシートを飲み始めます。
自分で飲む日と飲まない日を調整しなければいけないので、忘れっぽい人などはやはり28日分のシートを使って服用した方が良いかもしれません。
また、ピルは飲み忘れないように一か月分を一日ごとに区切ってある専用のピルケースに入れて服用することになります。
ピルは婦人科で処方してもらうのが一般的なので、その時に一緒に専用のケースをくれるところもあれば、もらえない場合は100円均一などでも購入できます。
ピルは、医療機関で処方してもらう場合、薬代以外に初診料などがかかります。
ピルの処方は基本的に自由診療なので、クリニックによって異なりますが、初診料は1000~3000円くらいで、検査料や処方料、薬代などを含めると1万円前後くらいかかるとされています。
次回からは薬代だけなら2000~3000円ほどで済むと思われますので、初診の場合には少しお金を多めに持って行くと安心かもしれません。